ストキャスティクスの売買戦略




スポンサーリンク


今回はふくだるまが感じたスキャルピング的なストキャスティクスの活用方法を記載したいと思います。

勝手な偏見でみていますのであてにならないことは最初にいっておきます。

 

まずはストキャスティクスを使用するにあたり計算式がどうなっているか確認しましょう。

 

本当は記事中にいれたかったですが書くのが面倒になったので

省略します笑

検索お願いします。

 

基本的にはレンジ相場で有効ということが書いてありますがふくだるまは

トレンドが発生している時のほうが有効だと考えます。

強いトレンドが発生している時はその方向への圧力が強いですから

5分足でスイング方向が確定している時に

1分足のストキャスティクスで仕掛けたら良いと考えています。

結構機能すると思います。

まだまだ検証は必要ですがしばらくはこの手法を利用したいと思います。

 

 

この手法でまもることは順張りに徹することです。

下降トレンド中に売られすぎ領域にたっしたからといって買いでエントリーはかなり危険だと思います。

なぜなら更に売られるからです。

なので順張りに徹するということでどちらの方向にあるのかをしっかり見極めてからこのやり方でタイミングを

測るのが良いかと思います。

 

レンジではレンジに入ったとわかるまで時間がかかる

レンジに入ったとわかる頃には値幅は縮小して次にスイングにむけて準備していますから

取れても少ししか取れないと思います。

レンジでもペナントのパターンを形成していっていたら

ブレイクする方向がある程度示唆されていますから

その時にストキャスティクスでタイミングを測るのもよいかもしれません。

 

 

それにしたってトレードって難しいですね。

頑張っていきましょう!!!!!

 


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓応援クリックよろしくお願いします!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村
この記事が参考になった方は応援クリックをお願いいたします!!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。