押し目買い戦略




スポンサーリンク


 

 

押し目?買い

12月のトレード成績で押し目買いが全然成功しなかったので見直す必要があります。

 

今後の入るポイントを記載したいと思います。

9時から10時くらいで出来高を伴って上昇した場合

日中のVWAP付近で指値をセットして押し目を狙ってたんですけど

 

結局押し目にならずほぼ全戻しとなるパターンが多かったです。

なのでほぼ全戻しのところで入りたいと思います。

 

フィボナッチでいうと74.6%のところで押し目買いですね。

 

ここまで押してる時点で買いはそんなに強くないと判断します。

なので早めに利確を心がけていきたい。

 

こういう場合の相場心理をしっかり頭に入れてトレードを行いたいです。

 

1 出来高を伴って上昇

これは成行の買いが売りの指値を買い上がった

朝早いですから新規の買いと新規の売りが多くあると考えます。違うかもしれませんが

 

2 押し目をつける(フィボ 38〜61%)

なので少しなりともここでも新規の買いが入る自分もここで入っていました。

しかし買いが弱い場合はここでさらに下がる

新規で入った買いが損切りをします。

 

3 さらに押し目をつける(フィボ 74%)

新規で入った買いの損切りが落ち着いたらここのラインで反発すると考えます。

 

 

イニシャルレンジのブレイクアウトでもしかけていきたいです。

しかし上昇する場合って押し目作らず上げていくことが多いきがするから

なかなか入らしてもらえないですよね。

だけどリスクリワードを考えると

ブレイク後一旦押し目をつけてから入るほうが良いですから。

 

頑張っていこう!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓応援クリックよろしくお願いします!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村
この記事が参考になった方は応援クリックをお願いいたします!!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。